【落ちこぼれでもわかるミクロ経済】圧倒的なわかりやすさ。ミクロ経済学入門書








今回紹介するのは小暮太一さんの『落ちこぼれでもわかるミクロ経済学の本』です!

タイトルで全部言ってくれているのですが、ミクロ経済学の入門書です。

内容が特別簡単という事はないのですが、語り口調で書かれていて読みやすいのが特徴です。

躓きやすいところはかなりページを割いて説明してあるので、比較的独学に向いていると思います。

導入からちょっと込み入った話までバランスよく配置されていると思います。


ただ、「落ちこぼれでもわかる」と言いつつも、割と自然な流れで微分期待値が出てくるので、マジモンの落ちこぼれの方は少々手こずると思います。注意してください。
(現象と結果だけを知識として入れていくのであれば計算のページはすっ飛ばして大丈夫です。理論ごと理解したいのであれば高校数学は押さえておきましょう)


本書をオススメしたい人
・経済学部の1年生
・理系だけど経済学をかじってみたい人
・知的好奇心たっぷりの高校生



本書をオススメできない人
・数学ができないから文系選択したのに何故か経済学部に入っちゃった人
・語り口調の本は気持ち悪くて吐き気がしちゃう人


ミクロ経済学に入る前に経済の大枠を捉えたいという方には、同じく小暮さんの『今までで一番優しい経済の教科書』もオススメです。
こちらは学問というより教養に近く、知っていると新聞やニュースがわかりやすくなるだろうなという知識が盛りだくさんです。


※上記2冊は「ブクマ」というアプリを使って僕が中古販売しています。よかったらどうぞ。


価格:1,274円
(2018/2/13 17:50時点)
感想(3件)

価格:1,404円
(2018/2/13 17:52時点)
感想(1件)

コメント

このブログの人気の投稿

【kanki】mol-74が紡ぐ悪魔の旋律。聴けば心が囚われる

【新しい森】tacicaの新境地。回転盤は必聴